海洋深層水とは

海洋深層水海洋深層水とは、太陽光の届かない水深200メートルより深い水で、水深200メートル未満である表層水とは異なる特徴を持つ海水の総称です。表層水は太陽の光によって植物プランクトンなどによる光合成が活発に行われていますが、水深200メートル以上になると太陽の光が届かないため光合成はほとんど行われません。従って、栄養物質を消費してしまう植物プランクトンが存在しないため、栄養物質が豊富に含まれる水になります。また、陸地や大気からの化学物質による汚染の可能性もほとんどありません。海洋深層水と表層水との違いとして「清浄性」、「富栄養性」及び「低温性」が挙げられます。

<特徴1>清浄性

海洋深層水の特徴 清浄性産業排水、生活排水による汚染の影響をほとんど受けません。また、太陽の光が届かないのでプランクトン等による光合成が行われず、水質悪化の原因となる有機物の濃度が低いので清浄な水といわれます。

<特徴2>富栄養性

海洋深層水の特徴 栄養性太陽の光が届かないので栄養物質を消費してしまう植物プランクトンが存在せず、生命活動に欠かせない栄養物質である無機栄養塩が豊富に含まれています。

<特徴3>低温性

海洋深層水の特徴 低温性太陽の光が届かないので年間を通して水温が低く安定しています。そのため表層水よりも比重が重いため表層水と深層水が混じり合うことはありません。これは清浄性を保つ効果があります。

飲料水として

飲料水としてカルシウムやマグネシウムなど、さまざまなミネラルが豊富に含まれており、有害な化学物質に汚染されたいないため安心して飲める建興水として注目を集めています。なお、海洋深層水は海水であるため、そのままでは塩辛くて飲めません。飲料水として利用する場合は、塩分を除去したりミネラル分を濃縮した上で陸水を添加して飲料水にします。

料理に使う

料理に使う海洋深層水はミネラルが豊富なため、料理に使った場合には好みにもよりますが、味や食感が良くなります。何故なら、海洋深層水には「にがり」を適度に含んでいるためだといわれます。

海洋深層水の水宅配を紹介

アラジン(大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山)

水に関する豆知識

・ウォーターサーバーや水に関する用語説明
水の成分説明
硬度とは
・軟水と硬水の使い分け
pH(ペーハー)とは
水道水について
・水道水を飲む際のひと工夫
人間にとっての水の必要性
・ミネラルウォーターとは
水と美容の関係
水とダイエットの関係
・飲酒と水の関係
赤ちゃんの水
・ミネラルウォーターを飲み始めて効果が出るまで
ピュアウォーター(純水)とは
ウォーターサーバーとは
海洋深層水とは
・温泉水とは
バナジウムとは
ガロンボトルとは
フィルムボトルとは
・水の宅配にに関するアンケート結果
・ウォーターサーバーに関するアンケート結果
・ウォーターサーバーは本当に安いか検証

▲ページの先頭に戻る

お問合せリンク運営者情報