日本の水道水事情

水道水日本の水道水は世界で一番安全な水、そして世界で数少ない水道水を飲める国として挙げられていました。現在でも水道水が飲める数少ない国の一つです。しかし日本でも環境汚染が進み、水道水をそのまま飲むのは危ないとささやかれるようになってきています。実際には日本の水道水は適正に管理されているので人体への害はないと思われますが、マスコミなどの影響により日本でも水道水をそのまま飲む方は少なくなってきています。

水道水が「不味い(マズイ)」理由

水道水と塩素水道水がマズイことには理由があります。極端な言い方をすれば「安全だからマズイ」のです。現在の日本の各地域では、生活排水などによって川、海、地下水が汚染されています。 そのため、安全性確保の観点から塩素を投入して消毒します。水が汚染されていればいるほど塩素の量は多くなります。塩素の濃度は監視されているので人体に害はありませんが、塩素で消毒された水道水が美味しい訳がありません。

水に関する豆知識

・ウォーターサーバーや水に関する用語説明
水の成分説明
硬度とは
・軟水と硬水の使い分け
pH(ペーハー)とは
水道水について
・水道水を飲む際のひと工夫
人間にとっての水の必要性
・ミネラルウォーターとは
水と美容の関係
水とダイエットの関係
・飲酒と水の関係
赤ちゃんの水
・ミネラルウォーターを飲み始めて効果が出るまで
ピュアウォーター(純水)とは
ウォーターサーバーとは
海洋深層水とは
・温泉水とは
バナジウムとは
ガロンボトルとは
フィルムボトルとは
・水の宅配にに関するアンケート結果
・ウォーターサーバーに関するアンケート結果
・ウォーターサーバーは本当に安いか検証

▲ページの先頭に戻る

お問合せリンク運営者情報