硬度とは

硬度とは水の硬さのことを硬度といいます。水の硬さと言われてもピンときませんが、具体的には水の中に含まれているマグネシウムとカルシウムの割合を指します。マグネシウムやカルシウムが多く含まれている場合には硬度が高いとされ、硬水と呼ばれます。逆に、マグネシウムやカルシウムの割合が少ない水は硬度が低いとされ、軟水と呼ばれます。

硬水の特徴

硬水(こうすい)硬水とは硬度が高い水、つまりマグネシウムやカルシウムを多く含んだ水のことです。マグネシウムやカルシウムを多く含んでいるので栄養があると言えますが、飲んだ時に苦さを感じることがあります。地域にもよりますが、ヨーロッパなどでは一般的に硬水が多いと言われています。日本の水は軟水ですので、軟水に慣れた体の日本人が硬水を飲み過ぎると下痢を起こす場合もあります。

軟水の特徴

軟水(なんすい)軟水とは硬度が低い水、つまりマグネシウムやカルシウムをあまり含んでいない水のことです。軟水は日本では一般的な水で、日本の水道水や天然水は軟水です。硬水のような苦さが無くてさっぱりとした口当たりですので大変飲みやすい水です。

水に関する豆知識

・ウォーターサーバーや水に関する用語説明
水の成分説明
硬度とは
・軟水と硬水の使い分け
pH(ペーハー)とは
水道水について
・水道水を飲む際のひと工夫
人間にとっての水の必要性
・ミネラルウォーターとは
水と美容の関係
水とダイエットの関係
・飲酒と水の関係
赤ちゃんの水
・ミネラルウォーターを飲み始めて効果が出るまで
ピュアウォーター(純水)とは
ウォーターサーバーとは
海洋深層水とは
・温泉水とは
バナジウムとは
ガロンボトルとは
フィルムボトルとは
・水の宅配にに関するアンケート結果
・ウォーターサーバーに関するアンケート結果
・ウォーターサーバーは本当に安いか検証

▲ページの先頭に戻る

お問合せリンク運営者情報